オツベルと象ともののけ姫と私

宮沢賢治が好きです。

 

やっぱり一番は『銀河鉄道の夜』なんですけど『オツベルと象』も結構好きです。

最初の方の象の登場シーンがほんと可愛い。象、ほんと可愛い。

最初小屋に顔出すんですよ、象。で、のこのこ上がってきてしまうの。それから呑気に歩き始めるの。

すげぇ、自由。

籾が当たっていてぇいてぇとか笑ってた象は

「ずっとこっちにいたらどうだい?」って聞かれて「いてもいいよ」って答える。

 

 

この前『オツベルと象』の夢をみました。

私、おそらく白象目線で「辛いですサンタマリア」って言ってたんだけど、そしたら

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

ってすごい音がして、えーって見てみたらね、象の大群。

 

象じゃんって。

 

よく見たらね、その上に友達がひとり乗ってたんです。

 

もののけ姫じゃんって。

 

ものっすごい勢いで来るわけだ。象の大群が。友人乗せて。

「わー助けに来てくれ・・・こわっ」

ひるんだよね。で、避けた。軽く腰ぬけた。

 

そしたらね、象の大群、走り去った。

そう。走り去ってしまった。助けてくれなかった。

みんなありが・・・あれー?ってなった。

ぽつんと置いて行かれたので、「ま・・・待って~」って追いかけた。

オツベルはいなかったし、重い分銅もくさりも、ついていなかったので。

 

 

 

 

 

今日から父が旅行で東北に行きました。

いつか花巻行ってみたいなぁ。

冬はやだからな・・・あったかい時期に・・・。

広告を非表示にする