読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8年ぶりに図書館に行ったら5年後の話をされた

高校生の頃、よく市民図書館に行っていた。

いつもは夕方で閉まってしまうけど、土曜だけは遅くまでやっていたので、朝からお昼挟んで部活やって、17時ぐらいに終わった日なんかにはよく行っていた(ゆとりだから土曜に授業はない)。

「今日返却日だから」なんていって通学バッグにハードカバー10冊入っていたりした。

大学生のときは通学中の電車で1日2冊本を読むという生活をしていたので、ブックオフの105円の棚で文庫本ばかり買っていた。そのため地元の図書館に行ったのは高校生ぶり。

 

貸出カードの更新しますね、と言われたのでお願いした。登録してある住所と電話番号が正しいか、それだけの確認。身分証明書の提示はなし。何年で更新なのか聞くと、5年です、5年後の2019年、また同じような質問をすると思います、って言われた。2019年。想像出来ないし想像したくないし、2019年の響きに少し笑った。 

 

 

高校生のときよく読んでいた本たち

新世界〈1st〉

新世界〈1st〉

 
 
新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

 
プラネタリウムを作りました。―7畳間で生まれた410万の星

プラネタリウムを作りました。―7畳間で生まれた410万の星

 

 

 

ぱっと思い浮かんだ3冊を並べてみたら共通点があるようなないような

広告を非表示にする