オー!ファーザーの映画公開が楽しみだよ記念

『オー!ファーザー』の映画公開が迫っているとのことで。

好きな小説が実写化されると、基本的に「原作に勝るものはない」というスタンスで観るようにしていて、それでも「あれはないだろ」と思ってしまうような人なんだけど、伊坂幸太郎の作品は例外的に、小説も好きだし、実写映像化したものもとても好きです。

伊坂の小説がとても好きな理由は、登場人物が魅力的だとか作品間リンクがどうだとか、そういったことももちろんあるんだけど、読み終わったときの「世界、悪くないなー!」と思うところにあって、実写化するとほんとにそんなことがどこかで起こっているような気がして、だからニコニコしながら観れるんだなぁきっと。

 

 


『オー!ファーザー』予告編 - YouTube

 

しかしこの予告編、 見せすぎだよな・・・。

 

『オー!ファーザー』って他の作品と比べても会話の量が多いように思う。

その会話のなかで由紀夫とお父さんたちとの関係が見えてくるように感じるんだけど、内容だけじゃなくて文字数がそろえてあるから小説として視覚的にも面白い。

でもこの会話のほとんどが映画ではカットされることが予想される。全部使われたから良いというわけではないけれど、残念だなと思う。思うけど、きっと私は楽しめるんじゃないかな、楽しめたらいいなと思う。

 

『オー!ファーザー』を読み返して、いまは『魔王』を読んでいる。

ぱっと思いついて選んだけど、これはあれだなー。最近予告編をよくみる『MONSTERZ』に引っ張られたんだなーと思いながら読んでいったけど、呼吸までいって、憲法改正に引っ張られたのだと気付いた。

広告を非表示にする