読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒入社で3年勤めた会社を辞めることになった。

 

社会人4年目、というのは離職するタイミングとして一番多いと聞いたことがある。

私のいた業界(まだ辞めていないので正確には“いる業界”)は離職率トップとまで言われていて、私のところの会社でも、後輩社員はたくさん辞めてしまったし、同期入社の人だってもういない。

しかしまぁ、社会人4年目で転職という「ありがち」な流れに自分も乗るとなると、少し恥ずかしい、というか、複雑な気持ちである。

 

「3年」っていうのは長いのか短いのか微妙なラインだなと思う。

長い間お世話になりました、と書くと、そこまで長くもないよな・・・と思うし

短い間でしたがお世話になりました、と書くと、そんな言うほど短くはないと思う。

 

 

私が入社したのは東日本大震災があった翌月。あの年は、内定取り消しになったり、入社時期が繰り下げになったりということがあった。試用期間終了と同時に全員入社取り消しになったという話も聞いたことがある。

だから、雇ってもらえたことにとても感謝している。

 

それは100%会社には伝わっていなくて、伝わる気配もなくて、それだけは残念だなと思う。

広告を非表示にする