読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涼宮ハルヒの憂鬱を観ました。

涼宮ハルヒの憂鬱シリーズ、及び涼宮ハルヒの消失を観ました。

まさかの2014年である。

 

2006年、テレビ放送が始まった年であるが、私は高校3年生であった。

通っていた予備校の先生に

「『涼宮ハルヒの憂鬱』って知ってる!?観た方がいいからマジで!!」

と言われ

「実は私、受験生なんです」

と答えたら 

「あ、そうなの? 意外~」

と言われた記憶があります。

 

 

そして大学に入学。

オタクがひしめき合う大学(というか学部というか学科)に入ってしまったため、ハルヒなんて知っていて当然、それを知っていることが前提となるような課題を出されたりする。

そしてなんとなく観るタイミングを逃し、学生生活を終えた私は、2014年、退職を機に、有給休暇を手に入れた!

 

転職先は昼の仕事なので、夜型の生活から脱しなければ・・・と思いつつ

こんな機会めったにないんだからDVD借りまくって観るぞ! という気持ちの方が強く、結局朝4時までDVDを観るような生活をしています。

 

有給休暇中、つまり6月中は「え!? まだ観てなかったの!?」「え!? いまさら!?」というようなものをたくさん観よう! と決心。

 

とりあえず

を観て

なんかも観たりして

じゃぁ次はハルヒかなぁなんて思ってテレビシリーズ観て劇場版である『涼宮ハルヒの消失』を観たんだけど

 

 

 

完全にいま、燃え尽き症候群です。

 

 

 

あの頃、ハルヒに夢中になっていた連中はいま何を楽しんでいるのでしょうか。

広告を非表示にする