この青い空の下

 

 

最近は就活生が会社に来るので、たまに「人事」だとか「採用担当」だとか言って彼らと接しています。実際は採用に関してなーんの権限も持っていないので、そんなしっかり挨拶しなくていいよーと思いつつも、まぁ通過儀礼みたいなもんですよね、と思ったりもして、だから私も普段よりきちんと話すように心がけたりします。

 

思えば、新卒時の就活は辛かった。

大学でやっていたことを半笑いで「これはもういいの?(笑)」とか「諦めたんですか?(笑)」とか言われるのが。嫌がらせだったりからかっているのならまだ良くて、聞くこともないし、“つなぎ”で・・・みたいに言われるのが本当に嫌だった。

そのたびに、自分が大切にしているものを自分で引きちぎっているような、そんな感覚で言い訳を言ったり嘘をついたりした。これが大人になるということなのか、と自分を納得させようとしたけど、なんでこんな人たちに傷つけられなきゃいけないんだ、と思うことのほうが多かった。

 

 

どうしてこの世には「持つ者」と「持たざる者」に分かれるのか

どうして「愛される者」と「愛されない者」が在るのか

誰がそれを分けたのか どこが分かれ道だったのか

ハチミツとクローバー』 羽海野チカ

広告を非表示にする