読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オー!ファーザーを観たよ記念

『オー!ファーザー』を観てきました。

 

……という記事が保存されていた。

観に行ったのは5月末、公開初日。いまの会社の面接を受けた後だった。

あの日は上映時間まで変に時間が空いてしまって、慣れない渋谷の街をスーツの上着を脱いでぶらぶら歩いた。たぶん受かるだろうな、と思った。もし受かったとしたらまだ転職活動を続けるか、それとももうあの会社に落ち着いてしまおうか……なんてことを考えて、落ち込んだり悩んだりというわけではないけれど複雑な思いを抱えていたので、映画を観て元気になったのをよく覚えている。

お父さんたちの演技は下手すぎるし、それでいて台詞が演劇っぽいので、映画としては完全にイマイチなんだけど、父親4人がみんなでわいわいしているだけでそれでいいんじゃないかって思ってしまう。 

 

楽しそうな方を選ぼうとおもった。

 

 

 

映画終盤「ふと頭に見たことのない光景が浮かんだ」というあのシーン。

小説のなかではとても大切な場面で、映画だと少し唐突に思えたけど、あのシーンがカットされていなくてよかった。

 

 

  

最近レンタル開始していたので、借りてきて観ました。

いやーしかし・・・

お父さん4人+由紀夫でひとつ屋根の下にいるとゲイのシェアハウスっぽいなって・・・

 

 

ちなみに観る前はこんなことを言っている。

 

オー!ファーザーの映画公開が楽しみだよ記念 - 10ミリちょっとの

 

広告を非表示にする