読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総括するにはまだ少し早いけれど

日記

今年観た映画がもうすぐ130本になる。再鑑賞したい・すると思われるものをピックアップしていく記事を書いているけどなかなか進まない。2013年のまとめは年明けてから更新したんだけど、自分でも「まだやってんの?」感があったので、今年は年が明ける前に行いたい。

 

2014年。今年は夏からがずいぶんと早かった。

夏は私が転職をした時期で、友人たちがバタバタ結婚し始めた時期で、そして私の叔父が死んだ時期でもあった。変わっていく環境のなかで、会いたい人には会いに行かなくてはならないと思うようになった。疎遠になっていた友人に連絡をとって、ご飯を食べたり飲みに行ったりした。いま会いたい人のうち何割ぐらいに会えたかな。3割ぐらいかな。これは来年も引き続き行っていきたい。

 

今年は川上未映子に会いたかった。未映子は比較的イベントごとに出る作家だから、なんとか都合をつけて行きたかった。それを「会う」と言っていいかわからないけど。『きみは赤ちゃん』に関連する講演会なんかが多かったのかな。まーことごとく行けなくて。その対象は子育て中のお母さんが中心だったから、行ったら行ったで場違い感でいたたまれない気持ちになっていたかもわからんけれど。じゃぁ行けなかったかわりに手紙を書こう、と思ったけどまだ書いていない。

 

 何が幸せか不幸かは判らんが、ネガティブに物を感じることは結構しんどいものよ。根暗はしんどいものよ。だからといって仮に明るく取り繕ってしてもそれがその人にとって自然じゃないならひたすらにしんどいものよ。

『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』 川上未映子