読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫉妬する自分を映すアイドル(西野七瀬って、だれ?)

その他

西野七瀬、乃木坂1期生。握手会は爆売れ、表題曲でのセンターは今回の11thで3回目。写真集も出して、non-noの専属モデルも決定。1stアルバム「透明な色」に収録されたソロ曲「ひとりよがり」についで、11thシングルでもソロ曲「ごめんね、ずっと…」はMV付きで発売される。あぁ、これからは西野七瀬さんを乃木坂の顔として売っていくんだなぁと感じる。

西野七瀬さんがここまで運営に推されていること、なんとなくもやっとすることが多くて、そりゃぁ握手会売上No.1なんだから大切にされるのは当たり前のはずなんだけど、なんだかなぁ。一般企業だって、社内売上1位だったら昇給昇進当たり前なんだからって、頭ではわかってるんだけど。

それで、なんで嫌なのかといろいろ考えてみたところ、生駒ちゃんや白石さんは乃木坂を背負ってるな、っていうのわかるんだけど、なんとなく西野七瀬さんは個人として売ってるかんじがすごくするからだな、と感じた。稼ぎ頭としてグループに貢献している、のだけれど。べつに、メンバー全員がバラエティ番組で前へ前へ出ることを望んでるわけではない。ただ、ワイプに映ったときの表情だったり「私は自分の顔が好きじゃなくて」「テレビで喋る自分を見たくなくて」「人前に出るのが苦手で」と言ってすぐ泣いちゃうのを見ていると「あーまた始まった…」と思ってしまう。というか、運営の売り方がね、とりあえず西野ヲタから金を搾り取ろうみたいな風に感じてしまう。

 

でも、それだけじゃなかった。私は西野七瀬さんに対して強烈に苦手意識があって、それに対して後ろめたさがある。

学生時代ってクラスに1人は「なんでこの子だけこんなにちやほやされてるの?」って女の子がいるような気がする。私の場合、バイト先にも会社にもいたけど。すごく性格が悪いのにやたらモテる、みたいな子。その性格の悪さって露骨なものじゃなくて、一見控えめなんだけど、それだめなやつじゃない?ってことだったりする。…あまり具体的な例をあげたくないんだけど、自分は心配しているの…という立場に立ちながら秘密で相談された内容を他人にバラして回るような子とか。いや、これは露骨すぎるけれども。笑

そういう子って、私が一方的にイライラさせられるだけだったのがだんだん被害を及ぼしてきたりして、おいふざけんなよ、と思いながらも、これで彼女を悪く言うと「西野さんが可愛いからってひがんでんじゃねぇよ」ってなるのわかってるから言えない。しかもそれが強烈なのって、男の子より女の子だったりする。例えば全員同じクラスにいたとして「白石麻衣って美人だからって調子乗ってない?」も「生駒里奈ってオタクだし超キモくない?」も許されるんだけど、西野七瀬さんを悪く言うのって、絶対に許されない。そういう空気が乃木坂周辺にもあったような気がして。つい最近まで。(最近そうでもなくなった)

 

西野七瀬さんを見ていると「そういうタイプ」の子に限りなく近いような気がして、学生時代のヤキモキしたりイライラしたりする、そんなことを思い出してしまって、それですごく苦手なんだな、と気付いた。

でも、私が西野七瀬さんを見てそういう風に感じるってことは、たぶんモテるんだよなー。私の友達も同僚も好きな男の子も、たぶんみんな西野七瀬さん好きそうだ。

 

最初に西野七瀬は乃木坂背負ってねーぞ自分のことしか考えてねーぞみたいなこと書いたけど。

あのー・・・

西野七瀬さんは、西野七瀬さんのやり方でいいからさ。西野七瀬さんのペースでいいからさ。西野さんなりに、乃木坂を引っ張っていってくださいって、そう思ってます。もうね、悪口めいたこと散々書いたくせに、なんでそんな甘いんだよって話なんだけど、だって西野七瀬さんはアイドルだから。

 

ただ、ひとこと言わせてくれ。

 

困り眉をいますぐやめろ

 

西野七瀬さんの切なさや儚さのイメージ。そして庇護欲を抱かせる何か。それはもうさ、本人の内側からにじみ出るものだからさ、困り眉なんてあんな人工的な変な眉をしてたら全部台無し。完全なる逆効果。

 

秋元康西野七瀬さんをテーマにすると作詞しやすいのかな。

私はぶっちぎりで「無口なライオン」が好きです。

 


乃木坂46 『無口なライオン』 - YouTube 

 

ただこのMVの見どころはラストの桜井玲香さんの表情です。