劇場版コナンリレー②コナン版ABC殺人事件

 シリーズ第2弾『名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)』

 

名前に数字が入っている人物がトランプになぞらえて13から順に襲われる事件が発生。

今回コナンは「ガキの頃何度も模擬操縦してる」というヘリコプターの操縦を実践し、そして「ハワイの別荘で親父に教わった」拳銃の腕を披露する。今後「ハワイで親父に~」という台詞が度々出てくるので要チェックやで工藤。

 いやー 水に潜るシーンがあると一緒に息を止めてしまうから途中ぜえぜえ言っちゃうよね。

 

 

今回、小五郎が刑事を辞めた理由、そして毛利夫婦の別居のきっかけが明らかになります。

小五郎が妃英理を撃ったことを知った(思い出した)蘭が「もうお父さんのこと信じられない」となってしまうところや、そんな蘭にどう接していいかわからない小五郎がなんとなくギクシャクしてしまうところがなんというかリアルでよかった。最後には当時の母と同じく人質となった蘭が、何故あのとき父が撃ったのかを理解する。新一の「事実が真実とは限らない」という言葉はとても印象的。

 

主題歌であるZARDの「少女の頃に戻ったみたいに」は名曲。。。

広告を非表示にする