読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇場版コナンリレー⑩キーワードは絶対音感

 

シリーズ第12弾『名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)』

 

コナンには「音痴だけど絶対音感を持っている」というよくわからない設定があり、離れたところからボールを蹴って受話器を外し、ソプラノ歌手とコナンで2つの音をハモらせることで110をかける(であってるのか?)というシーンが一番の見せ場になります。 

いつもに比べてアクションが少なく、謎解き要素もほぼなし。秋葉怜子というソプラノ歌手と行動を共にすることが多く、蘭姉ちゃんをはじめとして他のキャラクターの活躍もない……強いて言うなら佐藤刑事?

 

犯人の自白がやたら長いんだけど、あそこに蘭と園子の友情エピソードが出てくるのは唐突だったかな、と思った。とってつけたように入れてくるんじゃないよ。

でも、11作目の『紺碧の棺』でコナンが灰原哀に「相棒」発言していたけれど、今回は哀ちゃんから「私も彼を信じてるから、相棒としてね」という発言が飛び出ます。おいしい。とてもおいしい。

 

 

 

アメージング・グレイスだったりアヴェ・マリアだったり、有名な楽曲がたくさん使われていてそれは聴いていてとても楽しい。でも私のなかのコナンを楽しむ部分とクラシック音楽を楽しむ部分は別なので、ちょっとなんだかな。

広告を非表示にする