読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE BUDDY!!

映画

秋、到来。なのでしょうか。

どこか旅行に行くでもなくちょっとしたイベントごともなく、それでも楽しい夏を過ごしたと自分では思っているんだけど、この充実感をつくった要因のひとつは「リッチマン、プアウーマン」を観たことにあると思っている。

3年前にこんなドラマやってたなんて知らなかったよ!! どうして誰も教えてくれなかったの!!!! めっちゃ面白かったよ!!!!!!

小栗旬演じる日向徹と井浦新演じる朝比奈恒介のバディ感がたまらなくよかったよね!いいいいいいいね!!!!!

f:id:Kamo-me:20150907022522p:plain

 思えば私は二人組の男が活躍する映画が大好きなのであった。

 

f:id:Kamo-me:20120626154741j:plain

 

f:id:Kamo-me:20150907022542j:plain

 
ダイ・ハード3(1995年)

f:id:Kamo-me:20080330180616j:plain

 

f:id:Kamo-me:20150907022604j:plain

 

f:id:Kamo-me:20150907022622j:plain

 
処刑人(1999年)

f:id:Kamo-me:20150907022704j:plain 

 まほろ駅前多田便利軒(2011年)

f:id:Kamo-me:20150907022727j:plain

 探偵はBARにいる(2011年)

f:id:Kamo-me:20110404115155j:plain

 

男同士の友情というかライバル感とか、そういうのすごい大好きなんだけど、ちょっと言いにくい世の中ですよね。おっ腐女子か? みたいな。最近やおいだのBLだのって、べつにそれでもいいけど、そういうんじゃなくてさー!

……とか考えながらリッチマン、プアウーマンwiki見ていたら評論家のせんせーがこんなこと言ってた。

そして、主人公カップルの恋愛ドラマを盛り上げる「当て馬」の役割が女性のライバルである燿子ではなく、男性の朝比奈であり、主人公の日向を皆で取り合うという構造に制作陣のボーイズラブ的センスを見出している。この背景には、恋愛ドラマの訴求力が低下したゼロ年代のトレンドであった友情ドラマがあり、月9枠として恋愛ドラマを回復するならばもはや同性のライバルではヒロインの当て馬にならず、友情と恋愛の中間である朝比奈と日向の関係を対立構造にして構成し、ゼロ年代的なものをなかったことにせず新しい恋愛ドラマをつくりだしたという点でも重要な作品であったと結論付けられている。

 

ボーイズラブ的センスて。