読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調不良と冴えた頭

先々週の週末、とにかくもう、めちゃくちゃに吐いた。

その後はずっと身体がだるくて、朝なんてもう仕事行けないって思った。でも熱を測ったところで37度台前半なので、とりあえず職場には向かう。お昼に帰らせてもらおう、と思って業務を開始するんだけど、昼休憩ギリギリぐらいに上司からメールが届いてしまったりして、あぁ返信しなきゃ…って送ってるあいだに帰るタイミングを逃してしまって、じゃぁ14時か15時ぐらいに…と思うんだけどなんやかんやで気付くと16時半とかになっていて、なんかもう……いいや……と就業時刻までだらだら働く。そんな生活を一週間続けました。

体調はそんな最悪な状態なのに今度受ける資格試験の勉強はわりと順調で、頭にどんどん入っていきます。過去にも何度かこの感覚を味わったことがある。前回は立方体の引き出しが一列にずらりと並んでいて、それがパタパタパタと閉じていくのが見えた。とっ散らかっていたものを一時的にひとつの箱に詰め込んでいたけど、それらがうまく分類されて引き出しに収まるような感覚。その後は新しく覚えるものをどの引き出しに入れればよいかすぐに判断がつくし、思い出そうとすると自動的に引き出しが開いた。
今回は壺の水をさらに大きい壺に流し入れているような感覚。とにかく詰め込んでいるかんじ。

おかげさまで体調はなんとか持ち直しているんだけど、どうしてこんなことになってしまったのか、ということはなんとなくわかっていて、それについてはたぶん後日書く。とりあえず、いまはやめておこう。

 
広告を非表示にする