読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿笠博士がつくった最強のメカを考えてみた

その他 映画

みなさん、こんにちは。現在公開中の『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』はもう観ましたか?

私は2回観ましたーーー……。

近年ダイハード化が進んでいる劇場版 名探偵コナン。人間離れが加速する要因となっているのはなんだろうと考えたとき、阿笠博士のメカが進化していることが大きいなと気付きました。

ということで、阿笠博士の発明した最強のメカを決めてみようと思います。

 

■最強メカを決めるにあたって

・対象作品は1作目『時計じかけの摩天楼』から20作目『純黒の悪夢』まで。

・作中に登場するメカを点数化して集計

-登場しない。…0点

-使用するが大して内容と関係ない。壊れていて使えない。…1点

-使用し、そこそこ役にたつ。普通。…3点

-クライマックスで使用。派手な見せ場に用いる。…5点

※「3」と「5」の判定は私の独断と偏見で行う。

・1アイテムにつき、最大点数は「5」

・対象のメカは以下8種類とする

-腕時計型麻酔銃

-蝶ネクタイ型変声機

-ターボエンジン付きスケートボード

-キック力増強シューズ

-どこでもボール射出ベルト

-探偵バッジ

-犯人追跡眼鏡

-伸縮サスペンダー

・多機能搭載しているアイテムはまとめて1つのアイテムとしてカウント。

例:腕時計型麻酔銃をライトとして使用等

 

(ちなみに私はサスペンダーが1位なのではないかと予想)

 

■雑なあらすじ

1作目『時計じかけの摩天楼』

連続爆破テロが発生、蘭が爆弾解体することになり、赤と青のどちらの導線を切るか究極の選択を迫られる。

2作目『14番目の標的

名前に数字の入った人物がトランプになぞらえて13から順番に襲われる。最後は海中レストランにて水攻め。

3作目『世紀末の魔術師』

怪盗キッド登場。ロシアの秘宝、メモリアルエッグをめぐり、右目を狙撃するスコーピオンと対決。

4作目『瞳の中の暗殺者』

蘭が記憶喪失になり、コナンとふたりトロピカルランドで犯人と追いかけっこ。

5作目『天国へのカウントダウン

黒の組織登場。ツインタワービルでバンジーやったりスケボーで飛んだり車で飛んだりする。

6作目『ベイカー街の亡霊』

19世紀ロンドンの街を舞台に命がけのゲームをする。

7作目『迷宮の十字路』

京都を舞台にした服部くんメインのお話。コナンと服部くんを牛若丸と弁慶に重ねて描かれる。

8作目『銀翼の奇術師』

怪盗キッド登場。上空で事件が起こり、わりとあっけなく事件解決。毛利蘭が飛行機を操縦する。

9作目『水平線上の陰謀』

船の中で起こった事件をめぐり、毛利小五郎が活躍する。

10作目『探偵たちの鎮魂歌』

怪盗キッド登場。トロピカルランドで人質にされている仲間を救うために服部くんや毛利小五郎が事件解決に乗り出す。

11作目『紺碧の棺』

女海賊が隠した財宝をめぐってなんかわちゃわちゃする。

12作目『戦慄の楽譜

コナンとソプラノ歌手が声で110番の周波を出して電話をかけたりコンサート中に爆弾が爆発したりする。

13作目『漆黒の追跡者』

黒の組織登場。警察内部に潜入した組織の一員にコナンの正体がバレる。蘭が銃弾をよける。

14作目『天空の難破船

怪盗キッド登場。飛行船のなかでテロリストと戦う。キッドがヤギと戯れる。

15作目『沈黙の15分

ダムの爆発で水を止めるために雪崩を起こしたコナンが埋もれる。

16作目『11人目のストライカー

サッカー場が爆破予告されてエースストライカーがそれを止めるために頑張るんだけどそんなことより遠藤の棒読みが面白すぎてそれが全て。

17作目『絶海の探偵』

イージス艦でいろいろ起こる。「あの国」のスパイXと戦う毛利蘭がもはや人間ではなくなっている。地上では服部くんと和葉ちゃんがいちゃこらしている。

18作目『異次元の狙撃手』

FBI登場。次々と起こる狙撃事件を止めるためコナンが頑張る。沖矢昴のラストの台詞で、やったー!わかってたけど!やったー!ってなる。

19作目『業火の向日葵』

怪盗キッド登場。ゴッホの名画『ひまわり』をめぐりキッドと対決。派手な見せ場はたくさんある割に面白くない(主観)。

20作目『純黒の悪夢

コナンたちの前に黒の組織と思しき女性が現れる。記憶を失っている彼女は敵か、味方か?もしや組織のナンバー2、ラムなのか?

 

■雑なメカ説明

 <腕時計型麻酔銃>

麻酔針が仕込んであり、主に推理を披露するときに探偵役を眠らせるべく使用する。

5作目『天国へのカウントダウン』等、犯人の動きを封じ込めるために使用することもある。また、7作目『迷宮の十字路』では蘭を眠らせるために使用する。

ライトが搭載されているため、地下や洞窟等、暗闇を照らす際にも重宝する。少年探偵団たちは麻酔銃がない腕時計型ライトを所持。

17作目ではUSB付き衛星電話腕時計というちょっと意味わからないものが登場するが、腕時計型麻酔銃にまとめてカウント。

<蝶ネクタイ型変声機>

毛利小五郎を始め、探偵役として推理を披露するときに使用。毛利蘭に工藤新一の声でラブコールするときも使用。

スピーカーもあるが、変声器とセットとしてカウント。

7作目『迷宮の十字路』ではコナンが新一の姿に戻り服部くんに変装する際、描かれてはいないが、服部くんの声を出すのに使用したと思われる。

<ターボエンジン付きスケートボード

主に犯人追跡の際に使用する。60m離れたビルの間を飛び越えたり(5作目『天国へのカウントダウン』)、バイクとカーチェイスを繰り広げたり(10作目『探偵たちの鎮魂歌』)派手に走り回る。

15作目『沈黙の15分』ではスノボーが出てきたが、これを改良したものと解釈して同一アイテムとしてカウント。哀ちゃんと二人乗りするのがちょう可愛い。

<キック力増強シューズ>

うっかり忘れがちだけどスイッチを入れると足ツボが刺激されて筋力があがるというすごい仕組みになっている。

4作目『瞳の中の暗殺者』等、犯人撃退のために使うことが多いが、5作目『天国へのカウントダウン』では灰原さんが柱に当たらないようにヘルメットを蹴って柱を壊すのに使った。

12作目『戦慄の楽譜』、16作目『11人目のストライカー』ではボールを蹴る描写があるがスイッチをいじる描写がないため使用していないものとして換算。10作目『探偵たちの鎮魂歌』ではシューズで力を加えてジェットコースターの安全バーを外そうとしたり、18作目『異次元の狙撃手』ではトランポリン並みの跳躍を見せる等、「蹴る」以外にも使用する。

<どこでもボール射出ベルト>

18作目『異次元の狙撃手』では花火ボールが出てくるよう改良されました。火薬の使用は…なんて発言はナンセンス。

<探偵バッジ>

少年探偵団全員が持っている超小型トランシーバー。

18作目『異次元の狙撃手』では通信感度がよくなり、LEDライトも搭載。しかし、モスキート音が出るという不具合も発生している。

<犯人追跡眼鏡>

3作目『世紀末の魔術師』ではスコーピオン対策で右目を硬質ガラスに変えている。5作目『天国へのカウントダウン』では赤外線望遠鏡機能が搭載。シールになっている犯人追跡眼鏡発信機(18作目『異次元の狙撃手』等で使用)もあるが、セットとしてこちらにカウントしている。

<伸縮サスペンダー>

2作目『14番目の標的』では車の下敷きにされた蘭を助けるため車を持ち上げるのに使用。13作目『漆黒の追跡者』で100メートルまで伸縮可能に改良。バンジーからの逆バンジーを行う。

 

その他

ひとつの作品でしか登場しないメカもあります。

 <イヤリング型携帯電話>

原作では早い段階で登場するも、携帯電話の一般化により使用頻度が激減したアイテム。作中では半年しか経過していないのに現実では20年経過しているため、こういったことが起こる。ちなみにいまコナンはスマホを持っている。

1作目『時計じかけの摩天楼』では子機みたいな携帯電話を使用しているが、5作目『天国へのカウントダウン』ではイヤリング型を使用しているように見える。

 <パラグライダー>

8作目『銀翼の奇術師』でキッド追跡で使用。キッドに「阿笠博士の発明品か?」と聞かれ返事をしないが恐らくそうなのだろう。

 <小型エアボンベ>

11作目『紺碧の棺』で登場。10分間のみ使用可能。蘭と園子を追う際に博士から渡され、2個しかないという点から、これは二人に使わせてコナンの分がなくなるパターンやないか工藤…と思ったら案の定その通りだった。

 

■集計結果

f:id:Kamo-me:20160604115852p:plain

阿笠博士が作った最強メカはキック力増強シューズ、続いてボール射出ベルトだった。

やはり「犯人を倒す」ということを考えたとき、麻酔銃は1本しか使えないから、武器として使うならこの2つだよな…。よく考えればワカルコトダッタネ。。。

 

自分なりの基準をもって点数をつけていたけど途中からはブレブレ。

いったん時間を置いて、その後は19作目から点数を付け直したりもしたけど、やっぱどうなのかしらと思うこともあったよね。18作目『異次元の狙撃手』なんて、サスペンダーでバンジーからの逆バンジーで空中でボール蹴って花火打ち上げる、なんてことやってんだよ。1作目なんてリモコン蹴って爆発させたり、タクシー追いかけて爆弾回収したり、そのぐらいだもん。ラストクライマックスなんて、瓦礫のなか掻き分けて蘭がいる手前まで行っただけだもん。その作品のなかでどの程度活躍したか、という基準で判定しているけど、それでもどうなのかしらと思うよね。

あと、6作目『ベイカー街の亡霊』はゲームの中で博士のつくったメカが使えないから全然出てこないんだけど、いままで「ゲームの中だったらなんでもありじゃん」みたいな穿った見方をしていたんだけど、そうでもなかったんだね。

 

いやしかし、阿笠博士のメカを使っていないにもかかわらず人間離れした技を使う毛利蘭さんが一番最強。