読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後の晩餐について考える

最近読んで面白かった本  

おあとがよろしいようで

おあとがよろしいようで

 

綿矢りさが結局ファミチキ食べちゃうのちょう可愛い。

試し読みが出来るらしい。

『おあとがよろしいようで』刊行記念その2|おあとがよろしいようで|CREA WEB(クレア ウェブ)

 

「死ぬ前、最後に食べたいもの」って「蕎麦かうどんか」レベルで議論が行われてきたわけだけど、そのたびに別にないなぁと思ってきた。白米とお味噌汁みたいなのをあげる人は格好良いよね。ステーキなんかをあげる人もパワフルだなと思う。
最後の晩餐という言葉から想像したのは世界の終わり。でも何故かそれを知っているのは私だけ。誰に言っても信じてくれないし、もしかして私の頭がおかしくなったのか……というシチュエーション。孤独。圧倒的孤独。

私は好きな食べ物というとカレーだけど、カレーを食べて死にたいかというと微妙かもしれない。結局のところスタバのカプチーノとか選びそうだな。スタバでカプチーノ飲みながらたったひとりで世界の終わりを感じる。それもそれでロマンがあるな。

 

f:id:Kamo-me:20170311152822j:image

先週食べたカレー。あほかってぐらいナンが大きかった。(そしてサービスで貰ったラッシーが飲めないという。。)

広告を非表示にする