名探偵コナンの実験『甘く冷たい宅配便』

コミックでいうと80巻、アニメだと722、723話の『甘く冷たい宅配便』。

野良猫の大尉を追いかけて宅配便のコンテナに閉じ込められてしまった少年探偵団。宅配業者は殺害した死体をコンテナの中に隠して運んでいたため、彼らに見つかることなく警察に通報し脱出する方法を模索するという回。

コナンくんはみんなが持っていた物から暗号文を作り、それを大尉の首輪に巻きつけ、喫茶ポアロで働く安室の元へ届けることを思いつきます。

へぇ、レシートの文字ってかゆみ止めで消えるのか。ということで私も試してみたよ。

 

用意したものはこちらです。

f:id:Kamo-me:20181013173640j:image

お金がなくてもお洒落なブツ撮りするために売られているダイソーのトレイがこんな使われ方するとは……。

 

・かゆみ止め(作中では元太が待っていたもの。しもやけ対策に持っているよう母親に言われたもの)

マクドナルドのレシート(作中では光彦が持っていたもの。洗濯機のそばに落ちていたものを拾ってそのままになっていたタクシーのレシート)

・綿棒(作中では歩美が持っていたもの。耳かきに使った余り)

 

試しにスマホアプリの「ス」の字を消します。

f:id:Kamo-me:20181013173651j:image

 

f:id:Kamo-me:20181013173706j:image

消えた!(のか?)

f:id:Kamo-me:20181013173714j:image

作中では「Card Purchases」のaをoに変え、余計な文字を消してcorpse(死体)を作っていたけれど、どうしようか。

f:id:Kamo-me:20181013173740j:image

アムロ

 

感熱紙の表面には黒い色の元になる薬と発色剤っていう酸性の薬が塗られていて、発色剤が熱で溶けてもう1つの薬に反応し、黒い文字を浮き出させる仕組みになっている。かゆみ止めに含まれるアンモニアは酸性を打ち消すアルカリ性だから、それを綿棒につけて文字を消すことが出来る、ということなんだって!

死体と一緒にクール便に閉じ込められるときはレシートとかゆみ止めを忘れないようにしよう!

 

f:id:Kamo-me:20181013173923j:image

でもこれアンモニア入ってないっぽい。

 

(°_°)